★東京花壇オンラインショッピングへようこそ!

トップ img切花のお手入れ

お悔やみのお酒について

水切り水揚げの基本「水切り」

きれいな水の中で茎を2~5cmくらい斜めにカットし、そのまま水から上げずに30分~1時間くらい休ませてあげます。このとき、切り口が水平だったり切れにくいハサミだと、茎の細胞を壊し適切な水揚げができません。また、水につかる部分の葉は取ってしまいましょう。

手折り手折り

菊やリンドウなどの茎が固いものは、茎の根元から5cmくらいのところを手で折って水につけます。水の中で折るとより効果的です。

叩く、割を入れる叩く、割を入れる

根元から5cmくらいを木槌で叩くことにより固い茎の繊維をやわらかくし、吸水面積を広げる方法です。ただし、叩きすぎて切り口をつぶさないように。また、切り口をナイフやハサミで十文字に切り込みを入れてから水につける方法もあります。いずれも、こでまり、マーガレット、テッセンなど茎の固いものに向いています。

焼く焼く

切り口から2~5cmくらいをガス火などで炭化するまで焼き、すぐに水につけます。このとき、花や葉に熱気が当たらないよう濡らした新聞紙などでくるんで行いましょう。アザミ、シャクヤク、バラなどに向いています。

さらにお花を長持ちさせるたえにできること熱湯揚げ方法

切り口から5cmくらいを、20~60秒ほど熱湯につけ、すぐに水に移します。花がたくさんついているカスミソウやストック、葉が乾燥しやすいひまわり、マーガレットに向いています。

こまめに水を替えましょう

1日でも長く楽しむためには、毎日水を替えましょう。水の中のバクテリアを吸い上げることにより花が枯れていくスピードが早まります。最低でも水が濁っていたら必ず取り替え、花瓶もきれいに洗いましょう。また、市販の延命剤を利用すると便利です。

こまめに水を替えましょう

切り戻しをしましょう

花に元気がなくなってきたり、茎の先が茶色く変色してきたら、少し切り直しましょう。切り口に詰まった汚れを取り除くことで、水を再び吸い上げやすくします。

切り戻しをしましょう

置き場所について

エアコンの風が直接当たる場所はお花を傷めたり、乾燥させてしまうので厳禁です。その他、直接日光の当たるところ、テレビやガスレンジなど周辺の温度変化が激しいところは避けましょう。

置き場所について